KIZASHI

ガジェット好きのITコンサルタントの気まぐれブログ。
ノートパソコンはLet's note、スマホはXperiaとiPhone、Windows Phoneが好き。音楽好きでイヤホン、ヘッドホンなどの音響機器も大好き。何気にアナログな雑貨、バッグ、ステーショナリーも大好きです。特に本革レザー大好き。ダニエル&ボブや土屋鞄などもお気に入り。

AKG

SONY XBA-N3とAKG N40を聴き比べる(比較編)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
今回はハイブリッド型イヤホンの代表格、ソニーのXBA-N3とAKGのN40の聴き比べをしてみる。どちらもハイブリット型イヤホンと呼ばれるダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを一基ずつ搭載したものになる。

ダイナミック型とBA型を一早く組み合わせて搭載したイヤホンと云えば、AKG K3003を思い浮かべる人が多いだろう。AKGがハイブリッド型イヤホンの先駆者的な存在なのは間違いない。

ソニーはというと、どちらかというと、長年、ダイナミック型ドライバーにこだわってきた。しかし、ダイナミック型イヤホンのフラッグシップモデルのMDR-EX1000を最後に、ここ5年ぐらいは時流を読み、バランスド・アーマチュア・ドライバーを自社開発し、BA型イヤホンやハイブリッド型イヤホンの開発に注力している。

その両社が3万〜5万円台という頑張れば手が届く高級イヤホンカテゴリに投入したのが、AKG N40とSONY XBA-N3になる。

AKG N40は、低音域用に8mmのダイナミック型ドライバーと中高音域用にバランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載している。また、2基の異なるドライバーを搭載しながらK3003と同様にネットワークレスという設計になっている。音質を好みで選べる3種類のメカニカル・チューニング・フィルターを搭載しているのもAKG N40の魅力だろう。REFERENCE、HIGH BOOST、BASS BOOSTの3種類から選べるようになっている。

ソニーXBA-N3は、LCP振動版採用の9mmのダイナミック型ドライバーと新開発というソニー自社開発の日本製バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載している。バランスド・アーマチュア型ドライバーというと、KNOWLESやSONION等の汎用品が使われ、差別化しにくい部分だが、ソニーらしさを出している。

SONY XBA-N3のレビュー


ソニーのBA型ドライバーを使ったイヤホンで音が良いと思ったものは正直なかった。XBA-Z5ではソニーはもうオーディオでもダメかもしれないと感じたほどだ。しかし、時の流れというのは、嫌な思い出を薄れさせてくれる。XBA-N3の口コミやレビューを読んでいく中で、欲しいという欲求が膨らみ、自分の中で長らく葛藤があった。

SONY XBA-N3で初めて音楽を聴いて驚いた。エージングなしの状態でも期待以上に低音から高音までクリアに美しく出ている。音のバランスはフラットだが、重低音も9mmのダイナミック型ドライバーとは思えないほどずっしりと聴かせてくれる。ダイナミック型ドライバー搭載のイヤホンに良くある音の籠りは全くない。

3万円のイヤホンでここまでの音を聴かせてくれたのはXBA-N3が初めてだ。10万オーバーのイヤホンと比べても遜色ない音作りになっている。

高音域は刺さりのない絶妙なキラキラ感があり、中音域もボーカルがしっかりと前に出てきている。そこにダイナミック型ドライバーだからこそ成せる重低音が加わる。リスニングに最適なベストバランスはこれなのかもしれないと感じた。

まだエージングなしで5時間程度しか聴いていないが、SONY XBA-N3は今年のベストイヤホンに早くもなりそうだ。

高音域 ★★★
中音域 ★★★
低音域 ★★★
解像度 ★★★


ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

AKG N40のレビュー

アコースティックなサウンドが似合う音作りだが、どのフィルターに付け替えても自分には音がしっくりこなかった。ノズルと本体の間の距離が短いのでフィット感がなく、音が逃げやすいというのもあるかもしれない。(イヤーピースをいろいろなものに変えてみたが変化がなかった)

何か褒めるところを探そうとしたければ本当にこれと言って見つからない。個人的には2016年に購入したワーストイヤホンとなっている。

REFERENCE
高音域 ★★★
中音域 ★★★
低音域 ★★★
解像度 ★★★

HIGH BOOST
高音域 ★★★
中音域 ★★★
低音域 ★★★
解像度 ★★★

BASS BOOST
高音域 ★★★
中音域 ★★★
低音域 ★★★
解像度 ★★★ 


AKG N40 カナル型イヤホン ハイレゾ対応 2WAY(ダイナミック/BA)ハイブリッド型 ケーブル着脱式 ブラッククローム N40SIL【国内正規品】

<あとがき>

ソニーの自社開発バランスド・アーマチュア型ドライバーの品質向上に驚いた。これまでのソニーのBAユニットは音の繊細さや正確さでKNOWLESやSONIONに遅れを取っていたが、XBA-N3の音を聴く限り、対等になれたように感じる。この進化したBAユニットを使って6BA以上のイヤホンをソニーが作ったら面白いような気がする。数ではないというのはわかっているが、ソニーの6BAや8BAのイヤホンを聴いてみたい。



高音域の美音密閉型ヘッドホン、AKG K550 MK2のレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
AKG(アーカーゲー)の密閉型ヘッドホンのフラッグシップモデルK550のリニューアルモデルがMK2(MKII)になる。

AKGのヘッドホンはオープン型に定評があり、美しい高音域が特徴として挙げられる。このK550 MK2は、K550の密閉型ヘッドホンでありながら美しい高音域をそのままに低音域を若干強めにしたモデルとなっている。

特徴のある美しい高音域は他の密閉型ヘッドホンでは聴いたことがない。特に女性ボーカルは美しくうっとりする魅力を持っている。

高音域 ★★★★☆
中音域 ★★★
低音域 ★★★☆
解像度 ★★★


【国内正規品】AKG K550MKII 密閉型ヘッドホン 新世代50mm径ダイナミックドライバー採用 リファレンス(高解像度・高音質)クラス ブラック K550MKIIBLK



記事検索
ソニーストア
NEC Direct(NECダイレクト)LAVIE Direct HZ
twitter
QRコード
QRコード