KIZASHI

ガジェット好きのITコンサルタントの気まぐれブログ。
ノートパソコンはLet's note、スマホはXperiaとiPhone、Windows Phoneが好き。音楽好きでイヤホン、ヘッドホンなどの音響機器も大好き。何気にアナログな雑貨、バッグ、ステーショナリーも大好きです。特に本革レザー大好き。ダニエル&ボブや土屋鞄などもお気に入り。

WILLCOM

PHSと3Gが融合したスマートフォンDIGNO DUAL WX04K発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
0504_ddwx01

ソフトバンクモバイルとウィルコムは、PHSと3Gの両方に対応したAndroidスマートフォンDIGNO DUAL WX04Kを発表した。

PHSによる通話機能(070始まりの電話番号が付与)と ソフトバンクモバイルの3Gによる通話機能(080 or 090始まりの電話番号が付与)、通信機能が盛り込まれている。これまでのウィルコム(旧DDIポケット)がスマートフォンはPHSの通信機能があり、3Gの通話機能が盛り込まれていなかったが、今回のモデルから電話と通信の切り分けが変わっている。

今となればPHSの最大の魅力は通話品質であり、昔のようにデータ通信の魅力というのはなくなってしまった。それを考えると今回の電話、通信の見直しは大きな意味があるように思う。

気になるスペックだが、約4インチWVGAの液晶ディスプレイ、デュアルコアCPUのR-Mobile APE5R 1.2GHz、メモリ1GB、ストレージ2GBとなっている。ワンセグ、赤外線通信などに対応しているが、おサイフケータイには対応しない。 本体はIPX5、IPX7相当の防水となっている。 3Gの通信方式は下り最大21MBpsのHSPA+に対応している。

ウィルコムはまだ1回線契約したままなので機種変更を考えているが、willcom.comのドメインが使えず、wcm.ne.jpになってしまうのが残念でならない。



ウィルコムの既存顧客を馬鹿にした対応

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
HYBRID W-ZEROからWX03Kへの機種変更をウィルコムストアオンラインショップの法人ショップで11月11日(金)に行った。ウィルコムは2003年ぐらい、当時のDDIポケットの時代から使っていて、会社更生法を適用した後も個人的にこの会社が好きだった。

「法人ずっと半額キャンペーン」や「新ウィルコム定額プランS」と「だれとでも定額」の申込みが完了し、出荷準備中になった。

それから何時間か経ってウィルコムストアから電話がかかってきた。「法人ずっと半額キャンペーン」は機種変更では申し込めないという。解約して新規に申し込まないといけないと言われ、システムの不備ということで毎月の支払いは増えてしまうが、仕方ないので「法人ずっと半額キャンペーン」については泣く泣く諦めた。

24時間以内出荷と書きながら一向に発送されない。それから数日が経った14日(火)の夕方、またウィルコムストアから電話がかかってきた。今度は「新ウィルコム定額プランS」はHYBRID W-ZEROからの機種変更では申し込めないという。HYBRID W-ZEROからの機種変更だと2,900円の「ウィルコム定額プラン」しか申し込めないという。新規だと月725円で「新ウィルコム定額プランS」を利用できるが、長く愛着を持ってウィルコムのPHSの既存顧客は2,900円の「ウィルコム定額プラン」しか申し込めないという。そしてバカにしてるが、法人で使っているということはその電話番号やメールアドレスが顧客とのつながりで重要であるはずなので、簡単に解約して新規で契約して下さいと担当者は言い放った。そしてまたしてもシステムの不具合で・・・という言い訳。申込みが完了してから間違ってましたという厚かましさ・・・。顧客を馬鹿にしている。

ずっと使い続けている顧客から高い通話料を取ろうとするウィルコム担当者の態度に頭にきたので、本当にこんなバカな仕組みでやっているのか、社内で良く考えて返事をしてほしいとお願いした。

まだ返事は来ていないが、新規顧客ばかり優遇するのならウィルコムはこの際解約しようと思う。結局、機種変更できずに新規で電話番号やメールアドレスが変わるのならテザリングができるE-MobileのXperiaでも購入しようかと思う。

ソフトバンク商法というか、なんというか・・・、信じられない。


- 追記 その後 - 

あれから数日経ってウィルコムストアから連絡があり、システムトラブルということもあり、「新ウィルコム定額プランS」で申込みOKということだった。本気で解約を考えていたが、当初の要件を満たしてくれたので今後もウィルコムを使い続けることにした。



ウィルコム、2011年秋冬モデルを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
無題

ウィルコムは2011年秋冬モデルとして10機種29色というニューラインナップを発表した。これだけ大々的なラインナップの発表はウィルコムにとって久しぶりなことであり、これもソフトバンクがスポンサーになったことによるプラスの影響だろう。

2012年春には、追加でAndroidスマートフォン(PHS+3G対応)やモバイルWiFiルーター(PHS機能付き)を発売する予定のようだ。

個人的には、WX01S(SOCIUS)やWX03K(LIBERIO)が気になっている。そろそろ機種変更をしようと思っていたので本気で検討したいと思う。

ウィルコムストア



通話用に便利なWILLCOM WX01UT

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
無題

最近はスマートフォンが流行っているが、電話、メール、ウェブと使っているとあっという間に電池がなくなる。そこでひとつの解決策は2台持ちになること。

電話とメールをウィルコムのWX01UTにするだけでiPhoneやAndroidスマートフォンの電池を節約することができる。通話品質が高くて電池の持ちがいいPHSは今の時代でもおすすめ。月に980円で10分間キャリア問わず通話料無料になるだれとでも割など魅力的。

PHSを解約しないで持ち続けているのはこういう魅力があるからだと思う。

WX01UT



WILLCOMも繋がらない携帯電話へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
一部報道によると、ウィルコムは経営立て直しの一環として現在約16万局ある基地局を約3割削減し、11万~12万局にするようだ。

また、PHS基地局はカバーエリアが半径1Kmと短いが、これをソフトバンクモバイルの高さ40mの鉄塔に移動させることで約2Kmまでカバーエリアを増やす施策を実施するという。 

これはウィルコムのPHSの一番の強みであるマイクロセルを一部廃止することを意味する。マイクロセルとは、カバーエリアを狭くし、多くの基地局を設置することで負荷分散を図り、災害時や回線使用状況が増えた場合でも快適に電話やデータ通信ができるようにすること。

すでにこの基地局削減の施策を実施しており、2014年夏までに完了する見込みという。 

ウィルコムにとって経営再建が最大課題だが、 ユーザーにとってマイナスになるような施策では一時的に経営改善してもユーザーはついてこないだろう。ソフトバンクに呑まれたウィルコムの状況を見て、ソフトバンクモバイルが何年経っても繋がらないのはこういうソフトバンクの利益優先のDNAだからかもしれないと思った。

ウィルコムユーザーとして今回のことは残念でならない。新規ユーザー獲得にはいろいろな施策で頑張っているが、既存ユーザーを引き留めるための何一つ良い施策は出てきていないのでそろそろ解約時かもしれない。



X PLATE × DELL Streakという選択

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
xplate_streak_htmlmail_110615_01

xplate_streak_htmlmail_110615_03

ウィルコムから超小型PHSのX PLATEとAndroid 2.2スマートフォンDELL Streakをセットにしたコラボレーションモデルが発表された。色は黒と赤の2色から選べる。

DELL Streakは、ソフトバンクモバイルの3G回線をウィルコムが借り受けて提供するMVNO形態で提供される。そのためDELL Streakはソフトバンクモバイルと契約した場合と異なり、音声通話はできず、データ定額プランによるデータ通信のみの提供となる。

そもそもDELL Streakは本体が大きく、タブレット型なので、ウィルコムのように割り切って音声通話はX PLATE、データ通信はDELL Streakというのがベストのように思える。

ソフトバンクがスポンサーになっただけあって最近のウィルコムはおもしろいものを次から次と出してくれる。

ウィルコムストア




WILLCOMのHYBRID W-ZERO3が3G回線をソフトバンクモバイルにして販売再開に

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
WILLCOMのHYBRID W-ZERO3の販売が再開されることになった。ドコモからソフトバンクモバイルの3G回線に変更されての販売になる。上り回線の速度が5.7Mbpsから1.4Mbpsに低下するが、多少、料金が安くなるなどのメリットがある。

既存のHYBRID W-ZERO3のユーザーからするとこの酷いスマートフォンを本当に再販するのかという怒りを感じる。これを使える人はかなり心の広いゆとりのある人だと思う。

WILLCOMのスポンサーになったソフトバンクの意向なのかもしれないが、HYBRID W-ZERO3を全てリコールしてパフォーマンスの問題などを解決してから再販してくれればいいのにと思う。買うときは実機を触って問題ないことを確認してから購入することをおすすめしたい。



Premium Bar presented by BAUM

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
willcom_baum_premium_20100630

WILLCOMの人気機種BAUMにPremium Bar presented by BAUMが登場。メタリックカラーを採用することで高級感溢れるデザインに仕上がっている。

色は全部で5色用意されている。

willcom_baum_premium2_20100630

おサイフケータイに対応しているのでメインケータイとして、スマートフォンのサブケータイとしてもおすすめできる。

これは久しぶりにデザインで欲しいと思えた数少ないケータイ。HYBRID W-ZERO3の代わりにこのネイビーか、ゴールドが欲しい。

詳しくはウィルコムストアで。

ウィルコムストア 



HYBRID W-ZERO3のWILLCOM UIがバージョンアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
WILLCOMからHYBRID W-ZERO3のWILLCOM UIのバージョンアップが発表された。少しずつ品質が改善はされているようだが、正直、もうHYBRID W-ZERO3はダメだろう。WILLCOMのWindows Mobile搭載のスマートフォンを何世代にも渡って使ってきたが、HYBRID W-ZERO3はワースト1の出来の悪さだ。WILLCOM UIのソフトウェアの出来の悪さだけではなく、ハードウェアとしてもスペック不足で明らかに実用的ではない動作速度で不良品かと疑いたくなるぐらい酷い。

WILLCOMは今後どうするつもりなのだろう。このままWILLCOMファンの期待を裏切り続けるのは本当に止めて欲しい。

・WILLCOM UI最新バージョン
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/027sh/update/index.html



HYBRID W-ZERO3のOffice Mobile 2010がアップデート間近か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
マイクロソフトがWindows Mobile 6.5に搭載しているOffice MobileをOffice Mobile 2010に無料でアップグレードすると発表。

アップグレードはWindows Market Placeを通じて行われる予定で登場は6月頃になると思われる。

少しずつだけど着実にHYBRID W-ZERO3は進化している。



記事検索
ソニーストア
NEC Direct(NECダイレクト)LAVIE Direct HZ
twitter
QRコード
QRコード