ずっと前から気になる存在だったULTRASONE(ウルトラゾーン)のヘッドホンをついに手に入れることができた。

ULTRASONEというと、Editionシリーズが有名だが、いきなりそんなものを買うほど勇気もないし、お金もない。まずは手ごろにULTRASONEの音を楽しめるヘッドホンはどれかと調べて比較的新しいモデルでもあるPerformance 880を購入することに決めた。

Performanceシリーズは880、860、840という3タイプのラインナップになっているが、これは迷うことなく最上位モデルのPerformance 880に決めた。このPerformance 880は、ULTRASONEの最上位モデルでもあるEdition 5やEdition 8と同じ40mm口径のチタンプレイテッドドライバーを搭載しており、音に期待できそうというのが理由だ。

簡単に言うと、Edition 5やEdition 8でこだわっている見たくれの装飾にお金をかけずに、音質の良さはそのままにコストパフォーマンスを追及したモデルと言える。

Performance 880をNW-ZX2やDAC-HA200と繋いで聴いてみた。ちなみにケーブルは純正を試さずにいきなりOYAIDEのPCOCC-Aケーブルにリケーブルしている。

最初に聴いた印象は、やってしまった・・・これはゴミかもしれないということ。
アコースティックギターの音が潰れてるは、ボワついているはで、お金のドブに捨ててしまったかと思ったほど。
とっさに返品できないかと考えてしまった。

後悔しても始まらないので、とりあえずエージングしながら2時間ほど放置してみた。そうするとあら不思議で、先ほどまでとは音が変わって切れのある解像度の高い音を奏でるようになっていた。

煌びやかで抜けの鋭い音色と表現しているULTRASONEの説明の意味が良くわかった。最近流行りのヘッドホンの音付けだと感じているのだが、高音や中音域をモニターライクに解像度高く出しつつ、低音もばっちりと出ている。躍動感もある。素晴らしいの一言。HD8 DJなんかよりも突き抜けて良い。SRH1540とは悩む。

S-Logic Plusの効果は正直良くわからない。

ULTRASONEという会社のヘッドホンをこれまで誤解していた。これほどの音質を持っているヘッドホンならお金があればEditonシリーズも欲しい。

追記

Performance 880はアンプが良くないと良い音はでないし、例えば、NW-ZX2とは相性が悪くきちんと鳴ってくれない。(DP-X1とは相性が良い)良い音と思えない場合はアンプを変更することをおすすめする。
アンプと相性が合うと、解像度が高く高音がキラキラした素敵な音を奏でてくれる。

また、このヘッドホンの欠点は、側圧が強く長時間付けているのがきつい。ティッシュペーパーの箱に挟むなどして放置しておくことで多少だが側圧が弱まる。頭の小さい方ならそんなことはないのかもしれないが。

高音域 ★★★
中音域 ★★★
低音域 ★★★
解像度 ★★★


【国内正規品】 ULTRASONE ダイナミック密閉型ヘッドフォン Performance880