KIZASHI

ガジェット好きのITコンサルタントの気まぐれブログ。
ノートパソコンはLet's note、スマホはXperiaとiPhone、Windows Phoneが好き。音楽好きでイヤホン、ヘッドホンなどの音響機器も大好き。何気にアナログな雑貨、バッグ、ステーショナリーも大好きです。特に本革レザー大好き。ダニエル&ボブや土屋鞄などもお気に入り。

2011年02月

Regza Phone IS04のバッテリー充電の不具合

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Regza Phone IS04のバッテリーの持ちが悪いと言われているが、どうもバッテリー充電の不具合があるようだ。Battery Mixというバッテリー監視アプリを使って何日間かバッテリーの増減を調べて確認できた。
具体的にどのような不具合かというと、バッテリーの残量をAndroid OSで正しく認識できないというものだ。
Regza Phone IS04の充電残量を100%にして外出したとしよう。IS04を使用していないのに1時間ぐらいでバッテリー残量が80%を下回るような経験をしたことがないだろうか。これをBattery Mixで監視し、バッテリー残量のグラフが100%から80%ぐらいまでストンと下がっていて、その間、常駐アプリがほとんどバッテリーを使用していないとしたらそれはバッテリー残量を正しく検知せず、誤ってバッテリーが満タンだと認識していることになる。
この不具合が再現するのは2パターン存在することを確認した。
IS04tのバッテリーが満タンになったのにも関わらず、充電しながら使い続けている場合。バッテリー満タンのIS04にmicroUSBを接続していると充電されているように見えるが、実はmicroUSBから電源が供給されておらず、バッテリー残量100%と表示したままバッテリーを使っていると思われる。
▲丱奪謄蝓嫉栂未70%〜90%ぐらいの時に充電した場合。ほんの数分で充電が完了し、バッテリー残量が100%と表示されることがある。
 ↓△魏麋鬚垢詈法はIS04の再起動しかない。バッテリー残量が気になる時は再起動すると正しく残りが認識されるようだ。
このバッテリー充電の不具合の原因はわからないが、ソフトウェアのアップデートで解決すると期待したい。バッテリーの不具合で交換なら構わないが、IS04のハードそのものの不具合だとFelicaの退避などでいろいろと面倒だ。とにかくKDDIと富士通東芝モバイルには早急にIS04の各種不具合に対応してもらいたい。仕事だけじゃなくてプライベートでもデバッグみたいなことをしないといけないなんてお金を取りたいぐらいだ。



IS03/IS01の不具合修正のソフトウェアアップデート

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
KDDI auのAndroidスマートフォンIS03/IS01で不具合対応のアップデートが発表された。両機種の不具合の現象として次の2つが把握されている。

(1)スリープモードが作動せずに画面が消えない場合がある
(2)特定の操作で電池の消耗が早くなる場合がある

これらの不具合を修正したケータイアップデートが提供される。

Regza Phone IS04についても早くケータイアップデートが提供されると嬉しい。

http://www.au.kddi.com/seihin/up_date/kishubetsu/au_info_20110222.html



Regza Phone IS04のフリーズの回避方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Regza Phone IS04のフリーズや再起動で悩んでいる人はホームアプリを変えてみて欲しい。Regza Phone IS04には2種類のホームアプリがインストールされている。自分の場合、auオリジナルの「ホーム」を使用している場合にフリーズや再起動が頻繁に起こっていた。

そこでIS04オリジナルのNX!に変更してみたが、これが使いにくい。そこでXperiaでも使っていたADWLauncher EXの有償版を購入して使用してみた。

ADWLauncher EXの使用を始めてからだいたい24時間経ったが今のところフリーズや再起動は起こっていない。auオリジナルの「ホーム」を使用していた時は酷いと1時間置きぐらいにフリーズしてその度に再起動が必要だった。

auオリジナルの「ホーム」を使用していた時は、アラームアプリ(ときこ有償版)のアラームを消す画面が動かすだけで消えてしまい、画面ロックを解除しないとアラームも解除できないという悲惨な状態になったりしたが、ADWLauncher EXを使用してからは問題なくアラームが解除できるようになった。これについてはまだ1日だけなので安心はできないが、嬉しい副作用だった。

auオリジナルの「ホーム」アプリのデザインは個人的に大好きなのでメインで使いたいが、フリーズするようだと使い物にならない。auオリジナルのUIランチャーといってもシャープ製のIS03と微妙に違う部分もあるので富士通東芝モバイルの作り込みに何らかの不備があったのだろう。実際、家族所有のIS03は何も問題なくauオリジナルのホームアプリが使用できている。

ADWLauncher EXは、機能性や汎用性ではauオリジナルUIランチャーよりも上なのでこれを機会に試して欲しい。何はともあれ、フリーズしなくなってやっと携帯電話として普通に使えるようになった。



Regza Phone IS04とXperiaの比較

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
最近、Regza Phone IS04の悪い部分ばかりを取り上げていたのでXperia X10と比較して少し書いてみようと思う。
Regza Phone IS04とXperia X10は、それぞれ別メーカーのAndroidスマートフォンだが共通点がとても多い。通信方式の違いさえあれどベースとなるSnapdragonのプロセッサ部分、液晶画面サイズ、AndroidのOSバージョン(2.1)などはどちらも同じスペックのものを採用している。特にハードウェア部分は目に見えるスペックではほとんど同じと言ってもいい。

しかし、実際にRegza Phone IS04とXperia X10(Android 2.1)を使用してみると、明らかにRegza Phone IS04の方が動きが滑らかだ。これは目に見えないハードウェア、ソフトウェアの部分で富士通東芝モバイルが頑張ってチューニングしているからだと思う。実際、ドコモのXperiaはIS04を購入してから全く使わなくなってしまった。

Regza Phone IS04の不具合がネットでも騒がれているが、思い返してみるとXperiaも発売当時は酷かった。例えば、SIMカードを認識しなくなる(→つまり、電話、メール、ネットが使えない)、タッチパネルが誤動作する、電源が勝手に落ちる・・・挙げればきりがないが、Androidの出始めの端末だから仕方ないとあまり気にならなかった。今、考えると、Xperiaの初期不具合と比べるとRegza Phone IS04は全然マシじゃないかと思えてくる。

何が言いたいかというと、Regza Phone IS04もXperiaと同じようにこれからソフトウェアアップデートでマシになるのではないかということ。ハードウェア的に不具合があるとどうしようもないが、きっとこれから富士通東芝モバイル、KDDIが何とかしてくれると信じている。

それがIS04のAndroid 2.2のアップデートと同時期になっても構わないので本当に何とかして欲しいと思う。



Regza Phone IS04のフリーズについて

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Regza Phone IS04を発売日翌日に購入してから不具合と正面から向き合い、試行錯誤して使い続けている。

そんな毎日の中で、メールの受信ができないというのは可愛いもの。何よりも致命的なのは画面が真っ暗になってフリーズすること。1日に3回以上はフリーズしているから電話として使い物にならない。

こればかりは未だに原因とか回避方法がわかっていない。

色々と仮説を立ててインストールしたアプリに原因があるのではと思い、インストールとアンインストールを繰り返しているが、原因の特定に至っていない。

ひとつだけフリーズの原因ではと思うことがある。それはauがOcean Observationsと開発したホームランチャーのエラーメッセージがフリーズから再起動した後に表示されていることがたまにあることだ。

ホームアプリに「IS04オリジナル」(富士通東芝モバイル開発のNX!)を設定すればフリーズを回避できるのではないかとひとつ仮説を立ててみた。

このNX!は全く使用していなかったのでこれから試してみようと思う。



Regza Phone IS04のメール受信不具合の回避方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
久しぶりのブログ更新。

メインで使っているauケータイをRegza Phone IS04に機種変更してみた。しかし、色々と不具合があるようでその回避に手間がかかる。

その中でも致命的なのがezwebメールの受信ができないこと。

運が悪いとメールが届いたことの通知がない。運が良くてメール通知があって0件のメールを受信しましたとなる。仕方ないからメールアプリから新着確認をしてもメールがないとなる。

このメールが受信できない不具合を回避するにはKDDIのezwebメールサーバに貯まっているメールを一旦受信して0件にする必要がある。そのためにすべきことは、機種変更前のauケータイにau ICカードを差し替えてメールを全部受信してメールサーバのメール件数を0件にすること。この後、IS04にau ICカードを差し替えるとメールの受信が正常に行えるようになる。

この不具合の現象は、IS04の電源が入ったままバッテリーを抜くと起こるという。でも、自分のIS04はそもそも毎日何回もフリーズで画面が真っ暗になって操作を受け付けなくなる。仕方ないから電源ボタンを10秒以上長押しして再起動するけど、それも叶わずバッテリーを強制的に抜いて再起動が必要な場合もある。

富士通東芝モバイルには真剣にIS04の不具合を回避するアップデートを出して欲しい。というか、ここまで酷い製品を販売できるKDDIの姿勢にも問題を感じる。IS04のCMとかやってる場合でないでしょ。初期不良で販売停止、回収しない企業の姿勢はどうかと思う。



記事検索
ソニーストア
NEC Direct(NECダイレクト)LAVIE Direct HZ
twitter
QRコード
QRコード